視覚障害者等サービス|流山市立図書館 視覚障害者等サービス – 流山市立図書館

流山市立図書館

  • ホーム  | 
  • Foreign Languages | サイトマップ
やさしいブラウザ

視覚障害者等サービス

視覚障害やその他の理由により、通常の活字で印刷された資料を読むことが困難な方を対象に、図書館では、さまざまなサービスを行っています。

1.視覚障害者等サービスを利用できる方

2.登録方法

3.視覚障害者等サービスの内容

4.その他

1.視覚障害者等サービスを利用できる方

流山市内に在住し、図書館利用カードを持っている方で、次の項目のいずれかに当てはまる場合に利用できます。

(1)身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳のいずれかを持っている。

(2)介護保険の要介護認定を受けている。

(3)医療機関、学校等からの障害の状態を示す証明書を持っている。

(4)利用登録確認項目リスト(※)に基づき、視覚障害その他の障害のため、視覚による表現の認識が困難であると判断される。

※流山市立図書館視覚障害者等サービス利用申込書(裏面)に掲載しています。

2.登録方法

視覚障害者等サービスを利用するには、登録が必要です。

図書館利用カードと障害の状態がわかるもの(身体障害者手帳等)を持って、各図書館・図書ピックアップセンターのカウンターでお申し込みください。

電話、または代理人によるお申し込みも可能です。

詳しくは、中央図書館(電話:04-7159-4646)にお問い合わせください。

流山市立図書館視覚障害者等サービス利用申込書(Excel)

 流山市立図書館視覚障害者等サービス利用申込書(PDF)

3.視覚障害者等サービスの内容

(1)利用できる資料の点数と期間

資料の種類貸出冊数貸出期間
図書・雑誌・録音資料(デイジー)・点字資料合計10点1か月
DVD・ビデオ各1点1か月
CD・カセットテープ各3点1か月
紙芝居3点1か月
電子書籍1点2週間
※ただし、次の予約が入っている資料、相互貸借で市外の図書館から借り受けた資料の貸出期間は、2週間とします。


(2)サピエ

視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」を通じて、資料の検索や借用、点字・デイジーデータのダウンロードが可能です。詳しくは、森の図書館(電話:04-7152-3200)にお問い合わせください。

(3)国立国会図書館視覚障害者等用データ送信サービス

国立国会図書館の点字・デイジーデータを、利用者の方が使用できる媒体に複製して貸し出しします

(4)国立国会図書館の学術文献録音図書の利用

国立国会図書館の学術文献録音図書(デイジー形式のCD等)の貸し出しを受けることができます

(5)郵送貸出

視覚障害1級または2級の方が、録音資料及び点字資料を借りる場合は、特定録音物等郵便物として、無料の郵送によりご自宅で受け取ることが可能です。

4.その他

以下については、視覚障害者等サービスにお申込みいただかなくてもご利用いただけます。

(1)点字資料、大活字本(大きな活字の本)

中央図書館・木の図書館・南流山地域図書館・森の図書館で所蔵しています。

予約すれば、市内のどの図書館でも受け取ることができます。

(2)電子書籍

市内在住で、図書館利用カードとパスワードをお持ちの方が利用できます。

文字の大きさを変更したり、音声により耳で聴いたりすることができる資料があります。

(3)拡大読書器

中央図書館・森の図書館・木の図書館に設置されていますのでご利用ください。

(4)リーディングトラッカー・リーディングルーペ

リーディングトラッカーは、前後の行を隠し、1行ずつ集中して読み進めることができる読書補助器です。

リーディングルーペは、読みたい行に色(緑色・黄色)をつけ、文字を2倍に拡大できる読書補助器です。

利用をご希望の場合は、各図書館カウンターにお声がけください。